レディ

プチ整形に挑戦しよう

カウンセリング

切らずに小顔

女性にとって、エラが張っていて大きく見える顔は、コンプレックスの一つになります。小顔の女性は、どんなファッションをしてもバランスがよく、憧れを抱いてしまいます。エラが無くなったなら、自分の人生がもっと違った人生を歩むことが出来るのではないかとさえ考えたりもします。ボトックスエラのプチ整形を行えば、手術で顔を切る事無くエラ張りを無くし、すっきりとしたフェイスラインを簡単に手に入れることが出来ます。エラ張りの原因の一つとして、咬筋という噛む力の筋肉が発達をしてエラが張っているように見えます。咬筋が発達する原因としては、奥歯で物を強く噛むことがあげられます。また、ストレスなどで、無意識に歯を強く噛むことや、寝ている間の歯軋り等が上げられます。ボトックスエラの施術は、発達したエラの筋肉部分にボトックスを注入するだけの施術になります。ボトックスとは、タンパク質の一種で筋肉を弛緩させる効果がありますので、発達した咬筋を弛緩させて、エラ張りを改善させれ事が出来ます。元々骨格が発達している人には効果はありません。ボトックスエラの施術自体は簡単で、エラの部分に数回ボトックス注射でボトックスを注入するだけですので、施術は数分で終わります。ただし、筋肉を弛緩させる注射ですので、直ぐに効果は現れません。徐々にエラ張りが解消されて行きます。通常、効果が現れるのに3週間ぐらいと言われています。徐々に効果が現れるので、周囲に感づかれにくく、気が付いたらエラ張りが解消されています。ボトックスエラの施術を成功させるには、ボトックスを注入する位置と量が大切になってきます。ボトックスの位置や量を間違えると、効きすぎて不自然な顔になったり、逆にまったく効果が無かったりもします。そのため、経験が豊富なよいクリニックを選ぶことが大切になります。よいクリニックの選び方は、インターネットで検索するだけでは分りません。最近では、多くのクリニックが無料のカウンセリングを行っていますので、手間が掛かりますが複数のクリニックでカウンセリングを受けることが大切です。複数のクリニックを訪問し、信頼できると感じたクリニックで施術を受けることをお勧めします。医師の人柄だけでなく、説明の内容が具体的であることや、費用についても明細を説明してくれる、クリニックの雰囲気なども確認をする必要があります。ボトックスエラは、筋肉の発達を抑えてエラ張り顔を解消するために、施術後の生活面を見直さないと、元に戻ってしまう可能性があります。特にストレスや癖などで、無意識に奥歯をかみ締める人は、意識して奥歯を噛み締めないようにしないと、また筋肉が発達をしてしまい、元に戻ってしまいます。施術後のダウンタイムは、ボトックスを注入した針穴の周りに小さな内出血をする可能性は有りますが、服や化粧なで隠すことが可能です。化粧や洗顔も、施術後の当日から可能です。また、施術後1週間ぐらいは、硬い物が噛みにくく食事がしづらい場合も有りますが、時間の経過と共に解消をされていきます。顎の骨などを削ることなく、簡単にボトックスエラでエラ張りを解消できます。