カウンセリング

プチ整形に挑戦しよう

顔のエラ張りがコンプレックスになっている女性に、ボトックスエラ施術で簡単に解消をすることができます。エラの部分にボトックスを注射器で注入するだけの施術で、10分程度で施術は終わります。また、ダウンタイムも無く副作用もほとんど有りません。

看護師

憧れの小顔を手に入れよう

美容外科クリニックで、ボトックス注射を受ける女性が増えています。顔が大きく見える原因の1つが、エラです。ボトックスをエラ部分に注入すると、筋肉が弛緩します。フェイスラインそのものが、シャープになり小顔効果を実感出来るかもしれません。

様々な効果をもたらす成分

顔を触る人

しわの改善や小顔効果

ボトックスは、小顔効果をもたらしてくれる美容成分の一つです。昔は医療用として使用されていることがほとんどでしたが、最近では美容医療業界で注目され、頻繁に利用されるようになってきました。このボトックスは、ボツリヌス菌と呼ばれる菌から抽出して作られた成分です。ボツリヌス菌は猛毒と言われていますが、毒の成分は抽出されませんので、安心して利用しましょう。そして大きな特徴として、筋肉の力を緩めるという効果があげられます。この特徴を利用して、ボトックスは美容整形外科で、様々な目的に使用されます。例えば、しわを消すという効果です。ボトックスを、しわが気になる部分に注射によって注入します。そうすると、その周囲の筋肉の力がゆるみます。簡単に言うと、一時的にその周辺に力が入りづらくなります。しわの原因、特にほうれい線の原因は、筋肉が凝り固まってしまうことです。筋肉が凝り固まることで、表情を作ったときに刻まれたしわが、表情を消したときも元にもどらず、跡として残ってしまうのです。しかし、筋肉の力がゆるむことで、そのような跡がつくことがなくなり、しわの改善につながるのです。しわが消えることで、アンチエイジング効果を期待することも出来ます。このような効果から、ボトックスは頬のエラを消す手段としても使用されます。これが、小顔効果につながる作用なのです。エラが張っている人は、それだけで顔が大きく見えてしまいます。それによって、髪型が限定されたり体のバランスが悪く見えたりなど様々なコンプレックス要因となってしまいます。また、エラの原因は、筋肉の緊張です。何かを噛み締めるクセがあったりする人は、エラが出来やすい体質と言えます。また、生まれつきエラが張っているという人も、少なくありません。ボトックスを、気になるエラ部分に注入すると、筋肉の力がゆるみ、徐々に筋肉が小さくなりエラが消えていきます。それが、結果的に小顔になるということにつながるのです。ただし、この効果が現れるのは、注射してすぐというわけではありません。一般的には、2週間程度経つと、注射による効果が現れると言われていますので、焦らず時間が経つのを待ってみましょう。また持続時間ですが、注射による効果が持続するのは、約4ヶ月〜6ヶ月程度と言われています。その期間を過ぎますと、薬の効果が切れてしまいますので、追加で注射を行う必要があります。1年に2〜3回は通院する必要がある、ということを覚えておきましょう。また注意点として、副作用が起きる場合があるということも覚えておきましょう。まれですが、注射をした部分が腫れたり、内出血をしてしまったりする可能性があります。そのような場合は、患部を冷やし、必要以上に触らず症状が重い場合にはすぐに医師に相談するようにしましょう。また、頭痛や吐き気などの副作用が起きるケースもあります。このような症状もまれですが、成分が体にあっていないという可能性もありますので、必ず医師に相談しましょう。以上のような副作用に気をつけ、ボトックス注射を通じて小顔になり、自分に自信をつけてみてはいかがでしょうか。

先生

ボトックスの効果

ボトックスは、筋肉を弛緩させることで、しわやたるみの改善が出来る成分です。また、筋肉の緊張によって出来ている頬のエラを消すことも出来るので、小顔効果も期待出来ます。ボトックスエラに使用する場合は、副作用や頻度などに注意しましょう。